くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セミの抜け殻

厳しい暑さは続くが、空は少しずつ高くなり、夏の盛りは過ぎたのだなと感じる。

今朝、公園のけやきの木を見上げたら、セミの抜け殻がいくつもくっついていた。
男の子が抜け殻取りを頑張っていた。
それを見守るお母さんが、もういっぱい取ったじゃん、とあきれたように笑っていた。


その風景を見て、今年の夏も、ふと思い出した。


かつてわたしが、整形外科診療所に勤めていた頃。
ある夏のはじめ、肘の骨折で転がり込んできた4歳のKくんがいた。
上腕骨顆上骨折。子どもの骨折の王様である。

ずれた骨を元通りに治す治療を、わたしが担当した。
この治療は痛い。でも仕方ない。

以来Kくんは、われわれスタッフを警戒し、寄りつこうとしない。
とりわけわたしを「オレを痛い目に遭わせたやつ」と認識したらしく、
いつも固い表情で絶対に笑ってくれない。
切ないのだが、よくあること。これも仕方ない。

骨折だけではなく、夏の暑い時期のギプス固定で皮膚の管理も大変だったのだが、
本人の頑張りもあり、骨折は順調に快方に向かっていった。

しかし腫れが引き、関節の動きがよくなってきても、Kくんは笑わない。
わたしたちスタッフの中でも、「笑わないKくん」は名物になっていた。


夏も盛りを越えた頃。
夏休みにケガをした子どもたちでごった返すリハビリ室。
患者さんたちには申し訳なかったが、2時間、3時間待ちは当たり前だった。

ある日、Kくんのお母さんがリハビリ室に来て言った。
「待ってる間、公園に行ってきますね」。

わたしが勤めていた診療所から歩いて30秒ほどのところに、大きな公園があった。
よく、そこでケガした子が担ぎ込まれてくるのだが、
公園はリハビリ待ちの子どもたちのオアシスでもあった。

Kくん母子は、2時間ほど経った順番直前のちょうどいい頃合いに戻ってきた。

ごめんね、お待たせ。さあ今日も頑張ろうか。

すると、Kくんはいつもの不機嫌な顔のまま、わたしに大きなビニール袋を突き出した。


??


「先生にあげるって、頑張っていっぱい取ったんだよね」


ビニール袋には、50匹は下らない、大量のセミの抜け殻!!

お母さんに聞くと、Kくんは公園に行き、いつものようにセミの抜け殻を拾い始めた。
しばらくして突然、昨日までに集めた「宝物の」抜け殻を、自宅まで取りに行くと言い出した。
自宅に戻って宝物を手にしたKくんは、再度公園に戻り、さらに宝物を増やした。


「すみません、こんなのこんなにもらっても迷惑ですよね」


お母さんはKくんには聞こえないように小声で言って、困ったように笑った。

リハビリ室にいた当時のチーフのシノ先生が言った。

「よかったな!イナガワ先生、セミの抜け殻大好きだもんな!」



…抜け殻大好きって。



リハビリ室の他のスタッフは、笑いをこらえている。

しかし、チーフの合いの手に、そしてKくんの心意気に応えぬわけにはいかぬ。


「Kくんありがとう!センセイ、セミの抜け殻大好きなんだよ!大事にするね」


Kくんはムスっとした表情のまま、ちょっと誇らしそうな顔になった。

リハビリの後、お母さんはKくんの手を引き、
すみませんすみませんと言いながら帰っていった。

その日、全員の患者さんがはけた後。
今日のKくんの顛末で、先輩たちは大爆笑。

シノ先生が改めて言う。

「いや~、イナよかったな!セミの抜け殻50個、大事にしろよ!」。


他の先輩たちも口ぐちに言う。

「こりゃ捨てられないな!」
「宝物だぞ、これ!」
「イナだけに心を開いてくれたんだもんな!」



…。




Kくんの気持ちはうれしかった。本当にうれしかった。
たしかに捨てられない。

しかしセミの抜け殻、それも50個は…



苦渋の決断を迫られたわたくしが出した結論。

診療所のわきにはシュロの木が植わっていたのだが、わたしは、
その幹に美しい配置を考えて50個の宝物を飾ることにした。


翌朝。通院してきた患児どもは、シュロの木を見て大興奮。
「すげー!」「すげー!」と絶賛していた。

しかし、騒ぎを嗅ぎつけた当時の看護師長(当時は看護婦長)が、
シュロの木に止まった大量のセミの抜け殻を見て悲鳴を上げた。
口うるさい婦長さんに、わたくしはこっぴどく叱られ、撤去を命じられた。

悔しかったので、背の低い婦長さんの死角になる、
同じ木の高い部分に全50匹全員引越してやった。


Kくんはその後も順調に回復し、お彼岸のころには完治し、卒業していった。
最後までムスっとしたままだった。

彼はいま、立派な青年に成長していることだろう。
「オレを痛い目に遭わせたあいつ」に、宝物をあげたことなど、忘れてしまったと思う。

でも、わたしは毎夏、セミの抜け殻を見てはKくんのことを思い出す。
50匹には困ったけれど、彼が「あいつにオレの宝物くれる」と思ってくれたことは、
わたしの中で、かけがえのない。


十数年前の、夏の思い出。
スポンサーサイト

| よしなしごと | 17:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書

先週末、野暮用があり静岡の実家に帰った。
わたしにはふたり弟がいるのだが、ふたりともちびたちを連れて顔を見せてくれた。

で、下の弟の娘である姪っ子・はなちゃんも来てくれたのである。
はなちゃんは中学2年生。どういうわけか勉強ができる。読書家である。

あまり本は読まないと思われる下の弟が、わたしに言った。

「姉さん、最近面白い本読んだ?読み終わったのあったら、送ってくれない?」

つまり、はなちゃんが読むわけである。
これは本好きのオバチャンとしては、ひと肌脱がねばならないだろう。

最近読んだ中では、ラストが歯ぎしりするほど気に食わないのだが、
全国すべての小学校高学年から中学生の子どもに読ませたいと思った本がある。

はてしなく残念なラストは最終章を読まなければ回避できる。
ラストに至るまでの道程が何しろ白眉な作品。
残念さを書き出すとたぶん止まらないので、本稿における書評は以上とする。



はなちゃん、重松清って知ってる?

知ってる!

『きみの友だち』読んだ?

読んだことないけど…ケガした子の…

そうそう、表紙が松葉杖だもんね


はなちゃんとしばし読書談義。


はなちゃん、誰の本が好きなの?

東野圭吾とか、○△×□(←知らない)とか。あと…

うん

吉田…吉田、ええと、吉田何だっけ??

吉田か。吉田で有名な作家といえば…




!(゚∀゚ )




吉田兼好?徒然草とか?






…違う




そんなわけで姪っ子に軽く引かれ、オバチャンは東京に帰ってきたのである。

早速、古本屋に売っ払おうと思っていた本のダンボール箱をひっくり返す。





…。






……。






性描写のない小説がない




いや別にワタシがそういうのが好きなわけではないのである。

ちょっと前に某古本屋の100円コーナーでなるべく分厚いやつを大量に買ってきて、
貪るように読んだ本がいずれもそういう傾向だったのである。

大人が読む小説というのは、たいがい男女の機微が描かれ、
つまりそこには性描写がつきまとう。

オバチャンとしては、思春期の姪に読ませるものには気を遣いたいところである。


しかし何よりオバチャンは、たまにしか会わないかわいい姪っ子に、


こんなんばっか読んでんのかあいつ


と思われるのは悔しいのである。


そして自意識過剰なオバチャンは、ふと思うのである。



自分は中2の時、何を読んでいた?





…。





そう。
わたしが中学1年のとき、あの驚異的発行部数の小説が発売された。






ノルウェイの森。




当時、友だちにあの赤と緑の単行本を借りて、特にどうということもなく、
上下巻を3日ほどで読破した。

が、大人になってから読み返して思いましたけれど、



あれ、けっこう過激ですわよね。




早いものだな、わたしが『ノルウェイの森』を読んだのと同じ年になったのか。
わが姪っ子は、アタシが言うのもなんだが、まっすぐいい子に育っている。

オバチャンが送りつけてくる本が若干過激でも、
クラスの男子が中二病の山場を迎えていようとも、
自分に必要なものを取捨選択してしっかり育ってくれるだろう。


…とはいえ、海堂尊の「チーム・バチスタ」シリーズとか、
石田衣良のあっさりしたやつとか、古典の口語訳本とか、
夜な夜な無難なチョイスをしているオバチャンがここにひとり。
おっとあぶない、『不夜城』が混入するところだった!

わが姪っ子へ。
良書も悪書もたくさん読んで、いろんな世界や価値観を知ってください。

本日は以上。

| よしなしごと | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男はつらいよ

今晩も寒いな。
湯豆腐とかおでんとか、あったまるもの食べて一杯飲みたいな。

そんなことを考えていて、ふと思い出したので書く。


今からもう5年くらい前。
前に住んでいた家の近くの、いわゆる「縄のれん」に、女友達とふたりで入った。

初めて入ったお店は、古めかしい正統派の居酒屋。
カウンターだけ15席程度の、おかみさんともう一人のおばちゃんの
ふたりで切り盛りしている小さなお店。

先客は、ひとり飲みのおっちゃん、若い女性二人組、それに若いにいちゃんがひとり。
わたしたちと入れ替わりで、おじさんとおばさんのおそらくは夫婦が
「それじゃご馳走様~」と、出て行った。

L字型のカウンターで、わたしと友人は入り口近くの2席に座り、瓶ビールを頼んだ。


しばらく飲んでいると、にいちゃんが先客のねえちゃん二人にからみ始めた。

うっとうしいヤツだな、嫌がってるじゃん。
わたしと友人は顔を見合わせる。
まあしかし、それだけならよく見る風景であった。

にいちゃんがトイレに立ったとき、おかみさんが気をきかせて、
カウンターのいちばん奥にねえちゃんふたりを移動させた。

戻ってきたにいちゃん、今度はわたしたちにからみ始めた。
わたしは案の定男性だと思われており、友人とカップルに間違われる。

やれ結婚しているのか出会ってどれくらいなんだ、と、にいちゃん。
テキトーに話を合わせていたが、あまりにしつこいので、半分無視するようにした。
見ず知らずの酔っ払いを、まともに相手にしても仕方がない。

すると業を煮やしたおかみさんが、今度はにいちゃんの目の前で、
「お客さん、こっち移る?」と、わたしたちをカウンター奥に誘導した。
奥から、先客のねえちゃんふたり、わたしたち、おっちゃん、の順番になった。

にいちゃん怒るかな、とちょっとヒヤヒヤしたのだが、呆けたようにぼんやりしていた。
何せ酔っ払いである。

しばらくすると、にいちゃん、今度はおっちゃんのとなりに移動してきた。
白髪の角刈りのおっちゃん、けっこう怖そうなんであるが、にいちゃんはからみ始めた。

おっちゃん、さすが人生の大先輩である。怒りもせずにいちゃんを上手にあしらう。
でも、おっちゃんのそのフトコロの深さに、
にいちゃんが調子にのってきちゃった感じがありありとわかった。

にいちゃん、時々、疲れると黙る。
おっちゃんはやれやれとばかりに、テレビのニュースを眺めていた。

ニュースでは、誰か忘れたけど政治家の不祥事について放送していた。
おっちゃんはニュースを見て、「ったく、だらしねえなぁ」とつぶやいた。


すると!


沈没したとばかり思っていたにいちゃんが、いきなり大声を上げ立ち上がった!


「だらしねえとはなんだ!!!!」


次の瞬間、おっちゃんにつかみかかる。
おっちゃんは一瞬ポカンとして、それでも臨界点だったのだろう、


「なんだコノヤロウ!!!」


と、立ち上がり、にいちゃんの胸ぐらをつかむ。


店内騒然。


これはマズイ!


店内は、取っ組み合っているふたり以外は、すべて女性である。ワタクシを含め。

しかし、さっきにいちゃんにテキトーに話を合わせてしまったことから、
ここにいるメンバーには、わたしは男性だと思われている。

この状況を何とかするのは、3人目の男だろう…。

わたしは男ではない。
でも、なんとなく期待(?)に応えねばという圧迫感を、勝手に感じていた。
このにいちゃんは、どっちかというと華奢で、ひょっとしたら手に負えるかも。
いや手に負えるってこの暴力沙汰を治めるという意味で云々


この時わたしは、一瞬でそんなことを考えた。


で、取っ組み合いの仲裁は、「からだごと両者の間に入る」ということを、
わたしは柔道部男子の行動を見て、なんとなく学習していた。

わたしは、おっちゃんに背を向けるかたちで両者の間に割って入った。
そしてにいちゃんの手首を両手でつかんで、顔の横まで挙げた。


「てめえ、放せ!」

「放しません!」

「放せよ!」

「放しません!」


暴れようとするにいちゃんの腕を、手首を握って制止する。必死だった。
酔っ払ってフラフラしていて、膝やら足やらがとんでこなかったのはラッキーだった。

にいちゃんの腕を、わたしの腕は、なんとか抑えることができていた。
でも、怖くて、手も足もガクガク震えていた。
震えを隠すために、にいちゃんの手首を、全力で握りしめた。

その状態が、1分も続いただろうか。

おかみさんが110番しようと電話の受話器を上げたその時、
わたしたちと入れ替わりだったご夫婦が、再び店に入ってきた。

おじさんが、背後からにいちゃんに近づく。
そして話しかける。

「なんか騒がしいと思ったら。どうしたんだよ、さっきまで楽しく飲んでたじゃん」

おじさんは笑顔である。

「そんな暴れたらダメだよ、ほら、みんなびっくりしてるよ」

すると、にいちゃんの腕からちからが抜けた。


瞠目。

誰も傷つけない、見事な仲裁である。
人生経験の成せる技だろう。

この店を出てからもう一軒行って、その帰りに再び通りがかったのだそうだ。


塩をかけられた青菜のようになってしまったにいちゃんに、おかみさんが一喝。
「勘定はいいから出てって!もう二度と来るんじゃないよ!」と。

にいちゃんはふらふらと店を出ていった。



今思えば、背筋が凍る。
にいちゃんが刃物を持っていたらどうするんだ?拳銃を持っていたら?


この日、わたしが思ったのは、男って大変…ということである。

女性しかいない状況で、わたしは、見た目が男性というだけで
立ち上がらねばならないような気になってしまった。怖かった。

そして普段、いちおう女性として生きているわたしは、知らず知らずのうちに、
男性にそういう圧力をかけてはいないかと思うのである。

世の中では、女性に対する保護ばかりが言われたりするが、男性だって大変である。
そんな一端を垣間見る、また考えさせられた出来事であった。



男はつらいよ。



だからって、男はつらいのが当たり前、たたかえ、ガマンせい、ではないんだよね。
冬の夜、無益なたたかいなんかしてないで、あったかく一杯飲みたいものである。

| よしなしごと | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よいお年を!

28日に仕事納め、29日に柔道納め、今年もあと二日。

2011年は、本当に翻弄された年でした。
まさに本厄の年でした。

納得がいかないこと、腹が立つこと、やりきれないこと。
たくさんの葛藤がありました。

しかし、それを補って余りある出会いがあり、また多くの方に支えていただき、
なんとかここまで来ました。
年明けしばらくは、もうひと波乱かふた波乱、あるかもしれません。


今年お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
来年も、こんなわたくしですが、ご指導ご愛顧いただければ幸いです。

明日から年越しで山ごもりしてきます。
皆さま、よいお年を!


追伸:
今年はばあちゃんの喪中につき、年賀状は控えさせていただきました。
松の内が終わったら、例のテイストの寒中見舞いでご挨拶いたします!

| よしなしごと | 00:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハゲ

一昨日、今年最後の散髪に行ってきた。

月に一回、いつもお世話になる美容院
一昨日は、複数いる美容師さんの中で、あまり好きじゃないっていうか
苦手っていうか…という美容師さんに当たり。

好きじゃなく苦手ってのは、彼女、いわゆる「気分屋」なんだろうか、
行くたびに対応のテンションが違うのでこっちが疲れるのである。
つまり、すんごくフレンドリーだったり、いきなり冷たい感じだったり。

しかしまあ、それはいいのである。
困るのは、時々仕事が雑な場合があることである。

まず、切り終わった後に「こんな感じです」の合わせ鏡をしてくれない。これはいつも。
さらに、わたしの担当になるときは、いきなりバリカンな上に思い切りザクザク切る。
まあ、ちゃんとやってくれるのならそれでもよい。どうせ月に一回切るのである。

しかし時々、周囲にアタシ仕事速いでしょ!と誇示するかのように切る時があり、
そんな時は、たいがい仕事が雑で困るのである。

今回も、他のお客さんの合い間にわたしを担当した様子。
それを見た他のスタッフが、彼女に「大丈夫ですか、ぼく替わりましょうか?」と
声をかけたのだが、だいじょぶだいじょぶ、と。

彼女に切られる時、わたしは一切注文しない。
あーしてほしいとかこーしてほしいとか言うと、
面倒くさそうにするのが目に見えているのである。
(いつもどおり、伸びた分だけ、でいいのであるが)
わたしは雑誌に目を落とし、黙っていた。

今回も合わせ鏡での確認はなし。
まあいいや。彼女に当たったときは、伸びてうっとうしいのが解消されただけで御の字。


さて、話はここからが本題である。


帰宅後、やはり部分的にぼこぼこになっている箇所を自分で修正。
これも彼女に当たった後は、高頻度に行わなければならない。
慣れてるわたしは、淡々としたもんである。

で、修正終了後、鏡を見る。

はげ1




(゜Д゜ )





…。



まあ、仕方がないな。自分で切ったんだしな。

しかしヤツに当たった上に自分でハゲこさえるとは、年末にとんだ災厄だったな。

そうだわたしは今年、本厄だったのだ。
これで厄納め(?)、来年はいい年になるぞ!


ひたすらポジティブなアフォ…じゃなかったアラフォーは、年の瀬にかく考えり。


そのまま仕事に出かけたのだが、まあ言われたよね。やつらにね。




どうしたんすかそのハゲ




わからんな ストレスかな

うわーマジかー

おまえら国試に受からせなきゃって、担任はそりゃもう大変なストレスよ

マジそのストレスハンパねー

やべーせんせーハゲちゃったよ

オレらのせいだな

オレら頑張らないとせんせーのハゲ広がるな




…。





なんだこのカラダ張った教育



おまいら、ごめん。
ハゲはおまいらのせいではない。
ワタクシの一身上の都合、不始末である。


でもな、おまいら。


来春、国家資格を取ったら、気分が乗ってるときもそうでないときも、
いつも患者さんには親切に対応し、丁寧な仕事のできる柔整師になれよ。


はげ2


年末年始、お目にかかる皆さま。
後生ですので、ワタシのアタマ見て指さして笑わないでください。

| よしなしごと | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。