くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道友会形演技大会

11月14日、講道館大道場において、第2回道友会形演技大会が行われた。

今夏、講道館夏期講習会で悔しい思いをしてから、
今後出られる形の試合は全部出よう!と、三十路の誓いを立てたわたくしと相棒・あべ。
日本マスターズに続く形の演技会出場である。

今回のエントリーも「柔の形」。

先週、女子四段の昇段審査で、柔の形と固の形をみっちり練習していたあべ。
その時のあべのパートナーは、同じ女子四段受験者の方で、わたしではなかった。

審査が終わり、いよいよ試合に向けてわたしと稽古!
あべりこブタ、頑張ろうね!


しかし。
久しぶりに合わせてみると、何かしっくりこない。


「なんか違う!いつものアンタじゃない!」

「ちょっと!なにその 浮気したでしょ! 的な言い方!」

「うるせい!もう一回じゃ!とっとと始めやがれ!」


きゃんきゃん言いながら、チューニング。
そう、形は相手と波長を合わせる、つまりチューニングが必要。


そして迎えた当日、柔の形は7組がエントリー。
中には小学1年生というペアもいた。これはスゴイことである。
なぜなら柔の形は、昇段審査の際、男子は五段、女子は四段から課される形である。
それを1年生でやっちゃうなんてスゴイ!しかし何よりカワイイ!!



でーすーがー



負けられないじゃないすか、1年生には。


というわけで、いよいよわしらの番。
若い順(おそらく)の、3番目。


最初の礼法。
さあ、あべ、始めるわよ!

礼法


「突上」のフィニッシュは腕がらみ!

突上


ラスト15本目「両眼突」、左浮腰は最後の見せ場よ!

両眼突


って重たいんだよあべ。



いや、これはあべりこブタが悪いんじゃない。
理に適った「崩し」ができていれば、重さは感じないのが柔道。
わたしはまだハナタレで、チカラで持ち上げようとしているから重さを感じるのだ。

ごめんあべ。

こんなにしっかり、見事な「静止」をしてくれてるのに。

さすが軽量級。 さすが体操部。

華やかなりし頃より +25㎏ でも、輝きは色褪せないわ!


さて。
7つの形、それぞれに白熱した演武が続く。

下の写真は「古式の形」。
男子八段、女子七段という、とんでもない高段者のたしなみが、この形である。

古式の形

カッコイイ。

いつか、古式の形が様になる柔道家になりたいものである。


全ての演武が終わり、表彰式。
この演技会では順位をつけるのではなく、一定の点数以上に到達した組にのみ
優秀賞、努力賞の2種が授与される。
(と、表彰が始まってから知った)


柔の形。

いなじ・あべ組、なんと、7組中唯一の


優秀賞!!!


優秀賞!

努力賞いただけたら御の字!と思っていたから、うれしかった。

しかも 金メダル もくだすった。

メダルって、なんだかてれくさいけど、うれしいものだな。

この日も、たくさんの先生方に声をかけていただき、たくさんのアドバイスをいただいた。
ありがたい。頑張らねば!と思う。



しかし…

後から動画を見直すと、ひゃだ!という反省点だらけで。
まだまだケツが青いわしらなのである。


次回、反省会編
スポンサーサイト

| 柔道 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。