くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年末年始仙人修行③ お正月編

さて、元旦である。
朝8時に全員が居間に集合。

そこで、家長である仙人が淹れたお茶がふるまわれ、お菓子をいただく。
これは「歯固め」という風習で、出されたお菓子や果物は、
ひと通り食すのが作法とのこと。

ここで、わしらが東京から持ち込んだ「ねんりん家」の「マウントバーム」が登場。
ねんりん家のバーム、うまいんだよな~!みんなで食べたいな~!と、
特大サイズを持っていった!

しっかり芽 5山!


続いて、苦労してつくったおせちに、お雑煮!

元旦の「歯固め」


元日の朝から満腹、一年の計は元旦にあり。
来年はこの場に、ちびっこが増えているんだなぁ。みんなでそんな話をする。


その時、おもむろに神様が口を開いた。



赤ちゃんの名前を考えていたんだけれど…



おお!元旦に神降臨!

お告げの瞬間に、色めきたつ一同。



しゅうへいさんの「へい」の字を継いで…







どんべい。






(゜д゜)




(゜Д゜;≡;゜Д゜)




(ノД`)ヾ(´∀`)




神様はひゃあひゃあ笑っている。
冗談なのか本気なのか?!


というわけで、よっちゃんのおなかの中のちびっこは、
まだダンシかジョシかもわかってないにも関わらず、
どんべいに暫定!

わたしら、まだ見ぬどんべいに話しかける。


どんちゃん!


どーんくん!


やめて~!!!


よっちゃん、紫陽花の咲く頃、元気などんちゃん、お願いしますよ!



さて、お雑煮の後は、これまた元旦の行事であるたけのこ掘りへ!

この時期のたけのこはまだ小さく、かつ土の中。
当然、春に取れるたけのこより探すのも採るのも大変である。

でも、初物を正月に食べると、寿命が75日延びるんだそうで。
縁起物なのである。

で、たけのこ掘り、総出でくり出すのかと思ったら、
仙人家の三姉妹に、



行ってらっしゃ~い!



と、ジャングルクルーズのように送り出される。



なぬ?おまいらは?




たけのこ部隊は、仙人、いさむ兄さん、あべりこさん、わたくし。
少数精鋭部隊、クルマで出発!


仙人、クルマで山を下る途中、突然停車。



あそこに、ひとの顔が浮かんどるら?




まじすか



ほら、あそこ…

新名所?



マジダ ∑(゜д゜)


岩壁の顔


ちょうど上の写真の中央、コンクリートの岩肌に、
「よーじや」のあぶらとり紙のキャラクターを反転させたような、女性の顔。

よーじや


最近、テレビで取り上げられたらしく、見物人が後を絶たないそうだ。
この前も、「ナニコレ珍百景」?に、取り上げられるらしく、取材が来ていたらしい。



山には他にも幽霊が出るっていう場所があってね。でもみんな見に行くもんで、

幽霊も安心して出てこれんね



神様も仙人も鹿も猪も猿も狸も狐もいるんだもの、幽霊がいたっておかしくない。


さて、山を下って上って下って、ようやく、仙人ひみつの山道の入り口に到着。
そこにクルマを停め、天竜川に向かって山を下っていく。

つるはしをピッケル代わりに、いざ出発!

出発!


イノシシがほじくり返した土、シカがあちこちにばら撒いた糞、
年季の入ったタヌキのためぐそ、サルの鳴き声…

ヒト以外の動物の気配を感じながら、山道を下る。

道なき道を…


川のせせらぎの音が近づいてきた。
30分強も歩いた頃、目的の竹林に到着。

竹林に到着


はい、どこでも掘ってください


って仙人!アタマが出てないたけのこは、どうやって探すんですか!


仙人いわく、


土がちょっとだけ盛り上がってるんだよね



…はあ



あとはカンだね




…。



皆目見当がつかぬまま、竹林へ突撃!




…。



……。




…まったく、見当がつかぬ。


初物の筍掘りが初めてでないいさむ兄さんに聞くと、まず根を掘り当て、
そこから辿っていくと当たることがある、と。


中腰でつるはしを振るうのって、けっこう疲れる。
何しろ仙人とは異なり、見当もつかず闇雲に地面をほじくっているわけで。

で、ここぞ!と思うと、すでにイノシシが豪快にほじくり返し、
おいしくいただいた後の皮だけが残っていたりする。


…。


シカさん、木の皮っておいしいの?

鹿のお食事跡


聞ぃ~け万国のぉ~労働者ぁ~♪

おっさんおっさん!





「土がちょっと盛り上がってる」のがわかった!というあべりこが、掘り当てた!

いた!


腕っぷし、意外に機敏、鼻がきく、アブラと筋肉…


ほとばしるイノシシの素質

猪の素質


2時間ほどで、アタシの収穫は親指大のが2個。


たけのこの里ですが、何か?

親指大


そして。下って到着したということは、帰路は上り。過酷な道中。

仙人!帰りがきついっすね!


仕事前にちょこっと行って

掘ってくりゃちょうどいいら



∑(゜д゜)


帰着後、よっちゃんが座敷に出してくれたこたつで爆睡。
起きると夕方、すでに台所が活気づいている。


元日の晩餐は、例の猪肉でシシかつ、そして仙人野菜のこしず特製バーニャカウダ!

元日の晩餐


そして、縁起物・初物筍のお味噌汁!

初物の筍!


オレはずっと食べてるで、200年は生きるね

仙人が言うと、冗談に聞こえない。
神様は1000年はカタイな。

この日も酒盛り。


さて、2日。
4泊5日の仙人修行も最終日である。

午前中、しゅうへい&よっちゃんに道の駅・信州新野千石平に連れてってもらった。
ここは県外からもたくさんのひとが買い物に訪れるらしく、
新鮮な野菜やりんごなど果物、お菓子などが揃っている。

また、道の駅の道路を隔てたすぐのところにあるつるや
ここのお饅頭は絶品である。


買い物のあと、さらにとなりの売木村まであしを伸ばし、
仙人の接骨院の出張所を見せてもらった。
人口600人程度の売木村で、唯一の接骨院である。

泰阜村と異なり、売木村はかなりの積雪。標高800メートルほどだという。


鍵、かけたことないんですよ

という小さな建物のドアをガラガラと開けると…


待合室には裸電球に家具調テレビ、1987年の『家庭画報』

時間が止まってます


そうそう、昔の接骨院て、こんな感じだったよなぁ

出張所


都市部の接骨院は飽和状態である。
中には、金儲けに目がくらんだ、すでに治療家ではない柔道整復師もたくさんいる。
でも本来、柔道整復師は、こうして地域に必要とされて、
地味に地道に治療をする仕事なんだよな。

年の初めに、原点を見せてもらった気がした。


さて、帰宅した台所では、とろろ作りが始まっていた。
1メートルはあろうかという自然薯をひたすら擂る!

自然薯


手間ひまかけて、大きなすり鉢いっぱいのとろろが完成。
「飲んでってくれんと困るでね」という生ビールとともに、たくさんいただきました!

とろろ


おひるをいただいた後、最後の修行!
仙人の数年越しの目標・ログハウス建築に向けて、土台となるブロックの運搬。
作業場兼車庫の屋根に、大量のブロックをバケツリレーで持ち上げる。

今年の仙人的大ニュースは、初孫・どんちゃん誕生とログハウス建設で決まりかな?!


本当に中身の濃い、それはそれは楽しい5日間。
そんな時間はあっという間に過ぎてしまうんだなぁ。

仙人はじめお世話になった皆さんにお礼を述べて、仙人邸を後に。
猪肉、おもち、ゆずジャム、干し柿、漬物。たくさんのおみやげまでいただいてしまった!
本当に、何度お礼を言っても言い尽くせない感じ。

山を下ったところに、飯田線温田駅がある。
帰りはそこから、鉄路で。

温田駅


よっちゃん、しゅうへい氏、最後の最後までお世話になりありがとう!
今年は何度かお世話になりますが、よろしくね。

温田駅待合室

そして特急伊那路(いなじ!)に乗り込み、仙人修行は大団円となったのでした。




ブログを書いていて、あらためて思う。
本当に楽しかったし、たくさんの得難い経験をさせていただいた。



仙人ことヨシザワ先生、おかん仙人ことお母さん、神様ことおばあちゃん、
ちほ、よっちゃん、こしず三姉妹、いさむ兄さん、しゅうへいくん。


あらためまして、ありがとうございました!
スポンサーサイト

| 大切なひとたち | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。