くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイト!

わたしが知っている数少ない歌に、中島みゆきの「ファイト!」がある。

この歌は、10年以上前、テレビで保険のCMか何かで流れていて、
当時のわたしにしては珍しく、いい歌だなぁと思ってCDを買った。
以来つらいとき、わたしを何度となく支えてくれた歌である。

そして、教員になってから知った。
柔整の学生さんは、この歌を好きな人が多い。


もう7年前の学校の研修旅行にて。
夕飯の後のカラオケ大会で、わたしはこの歌を歌った。
うまくない歌を大声で歌った。

すると、わたしより年上の学生さんで、あまり感情を表に出さない、
無口なスギタさんが泣いたのである。

去年の研修旅行でも歌った。
すると、家庭を支えながら学生をしているタイショウが、
「先生、メチャクチャいい歌ですね。なんていう歌なんですか」と。

この前、卒業式の日。
謝恩会の後三次会に繰り出したわれわれは、朝までカラオケ屋にいた。
また、この歌を歌った。みんなで歌った。泣きながら歌った。

次の日。在学中にお父さんを亡くしたオオノがメールをよこした。
「あの歌のタイトルを教えてください」


柔整学校の学生さんは、仕事をしながら学校に通ってくる。
多くの者は、接骨院や整形外科で見習いをして、その合間に学校に通っている。
見習いだから当然、朝早く夜遅く、そして安月給である。
そんなわけで仕事と勉強の両立は本当に大変で、挫折したりからだを壊す者もいる。

わたしも学生時代、二度、研修先の接骨院を辞めたことがある。
一度目はからだを壊し、二度目は人間関係のつまづきだった。

挫折。

十代では柔道で頑張り認められてきた自分が、
二十代になりつまらない人間関係でつぶされ、社会で通用しないことに、ただ絶望した。
なんでこんな苦しい生活をしているんだろうと思った。
でも、自分が選んだ道で、闘い続けるしかなかった。

多くの柔整学生は、かつてわたしもそうだったように、歯を食いしばって頑張っている。
周りには楽な生活がいくらでも転がっているのに。

そんな試練の中にいるから、みんな、この歌に、ちからをもらうんだろう。



闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう ファイト!
冷たい水の中を 震えながらのぼってゆけ ファイト!



この歌は、柔整学生の応援歌。
国家試験合格発表の日に。
スポンサーサイト

| 学校 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。