くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セミの抜け殻

厳しい暑さは続くが、空は少しずつ高くなり、夏の盛りは過ぎたのだなと感じる。

今朝、公園のけやきの木を見上げたら、セミの抜け殻がいくつもくっついていた。
男の子が抜け殻取りを頑張っていた。
それを見守るお母さんが、もういっぱい取ったじゃん、とあきれたように笑っていた。


その風景を見て、今年の夏も、ふと思い出した。


かつてわたしが、整形外科診療所に勤めていた頃。
ある夏のはじめ、肘の骨折で転がり込んできた4歳のKくんがいた。
上腕骨顆上骨折。子どもの骨折の王様である。

ずれた骨を元通りに治す治療を、わたしが担当した。
この治療は痛い。でも仕方ない。

以来Kくんは、われわれスタッフを警戒し、寄りつこうとしない。
とりわけわたしを「オレを痛い目に遭わせたやつ」と認識したらしく、
いつも固い表情で絶対に笑ってくれない。
切ないのだが、よくあること。これも仕方ない。

骨折だけではなく、夏の暑い時期のギプス固定で皮膚の管理も大変だったのだが、
本人の頑張りもあり、骨折は順調に快方に向かっていった。

しかし腫れが引き、関節の動きがよくなってきても、Kくんは笑わない。
わたしたちスタッフの中でも、「笑わないKくん」は名物になっていた。


夏も盛りを越えた頃。
夏休みにケガをした子どもたちでごった返すリハビリ室。
患者さんたちには申し訳なかったが、2時間、3時間待ちは当たり前だった。

ある日、Kくんのお母さんがリハビリ室に来て言った。
「待ってる間、公園に行ってきますね」。

わたしが勤めていた診療所から歩いて30秒ほどのところに、大きな公園があった。
よく、そこでケガした子が担ぎ込まれてくるのだが、
公園はリハビリ待ちの子どもたちのオアシスでもあった。

Kくん母子は、2時間ほど経った順番直前のちょうどいい頃合いに戻ってきた。

ごめんね、お待たせ。さあ今日も頑張ろうか。

すると、Kくんはいつもの不機嫌な顔のまま、わたしに大きなビニール袋を突き出した。


??


「先生にあげるって、頑張っていっぱい取ったんだよね」


ビニール袋には、50匹は下らない、大量のセミの抜け殻!!

お母さんに聞くと、Kくんは公園に行き、いつものようにセミの抜け殻を拾い始めた。
しばらくして突然、昨日までに集めた「宝物の」抜け殻を、自宅まで取りに行くと言い出した。
自宅に戻って宝物を手にしたKくんは、再度公園に戻り、さらに宝物を増やした。


「すみません、こんなのこんなにもらっても迷惑ですよね」


お母さんはKくんには聞こえないように小声で言って、困ったように笑った。

リハビリ室にいた当時のチーフのシノ先生が言った。

「よかったな!イナガワ先生、セミの抜け殻大好きだもんな!」



…抜け殻大好きって。



リハビリ室の他のスタッフは、笑いをこらえている。

しかし、チーフの合いの手に、そしてKくんの心意気に応えぬわけにはいかぬ。


「Kくんありがとう!センセイ、セミの抜け殻大好きなんだよ!大事にするね」


Kくんはムスっとした表情のまま、ちょっと誇らしそうな顔になった。

リハビリの後、お母さんはKくんの手を引き、
すみませんすみませんと言いながら帰っていった。

その日、全員の患者さんがはけた後。
今日のKくんの顛末で、先輩たちは大爆笑。

シノ先生が改めて言う。

「いや~、イナよかったな!セミの抜け殻50個、大事にしろよ!」。


他の先輩たちも口ぐちに言う。

「こりゃ捨てられないな!」
「宝物だぞ、これ!」
「イナだけに心を開いてくれたんだもんな!」



…。




Kくんの気持ちはうれしかった。本当にうれしかった。
たしかに捨てられない。

しかしセミの抜け殻、それも50個は…



苦渋の決断を迫られたわたくしが出した結論。

診療所のわきにはシュロの木が植わっていたのだが、わたしは、
その幹に美しい配置を考えて50個の宝物を飾ることにした。


翌朝。通院してきた患児どもは、シュロの木を見て大興奮。
「すげー!」「すげー!」と絶賛していた。

しかし、騒ぎを嗅ぎつけた当時の看護師長(当時は看護婦長)が、
シュロの木に止まった大量のセミの抜け殻を見て悲鳴を上げた。
口うるさい婦長さんに、わたくしはこっぴどく叱られ、撤去を命じられた。

悔しかったので、背の低い婦長さんの死角になる、
同じ木の高い部分に全50匹全員引越してやった。


Kくんはその後も順調に回復し、お彼岸のころには完治し、卒業していった。
最後までムスっとしたままだった。

彼はいま、立派な青年に成長していることだろう。
「オレを痛い目に遭わせたあいつ」に、宝物をあげたことなど、忘れてしまったと思う。

でも、わたしは毎夏、セミの抜け殻を見てはKくんのことを思い出す。
50匹には困ったけれど、彼が「あいつにオレの宝物くれる」と思ってくれたことは、
わたしの中で、かけがえのない。


十数年前の、夏の思い出。

| よしなしごと | 17:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。