くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事で20キロ歩く

わたしが所属する学生課の仕事に、年に一度行われる
学園ウォーキング大会の企画・立案がある。

今年は東松山市、坂戸市、川島町を歩く約20キロのコース。
本番は10月なのだが、その前に、トイレの場所や休憩ポイント、
危険ポイント等をチェックする「試歩」を行った。

試歩メンバーは、学生課の若手男子3人、Tさん、Uさん、Sさん(いずれも20代)と、
なぜか参戦することになったワタクシ(アラフォー)である。

朝、職場に集合。
学生部の大先輩、T課長とAさん(いずれも女性)、M参事(親分)がお見送りをしてくれた。



それじゃ行ってきま~す

おう、雨具は持ったのか?

折り畳み傘は持ってます

ちょっと待ってろ、カッパ持ってきてやるから



親分は心当たりがあるのか、どこかへ消えていった。




…。




……。




(出かけられないすね)



親分が帰ってきた。



カッパなかったわ!大雨で立ち往生したら…自力で帰ってこい!わははは!



…。



親分の手荒な歓送の辞を受け、出発。

すると背後から声が。


ちょっと待って!バンドエイド持った?

バンドエイド持ったら消毒液も持って行かないと!

転んですり剥いたら大変だからね

靴ずれも大敵だからね

そうそう、最近…


ヤマビルが里まで下りてきてる からね



やられると 血が止まらない からね


こわいわよ~、ヤマビル。

見えないところに潜んでるのよね~

いつの間にか靴の中に入ってたりね

いやよね~

ヤマビルを甘く見ちゃだめよ!

若い人たちはヒルなんて知らないでしょ。こわいのよ!
あ、イナガワさんいるから平気か



…。



わたしはたしかにだんしたちより余分に生きているが、
ヤマビルに遭遇したことはあっても本気で戦ったことはない。



おかんたちにバンドエイドとマキロンとヤマビル情報を仕込まれ、ようやく出発。


タイムキーパーのSさんがつぶやく。



今ので10分ロスしました




出発してすぐは、山中の道を歩く。

出発!



いきなり倒木

倒木


これやっつけなきゃなんないっすね

ここ大学の敷地ですかね だとすると管理課ですね

確実に学生課ではないですよね

うむ、学生課ではない


倒木は迂回して回避し、ついでに責任も回避し、岩殿観音へ。
ここは、山門から延びる一本道が美しい。

岩殿観音階段




だいぶ年の離れたおばさんは、だんしたちの会話を聞きながら歩く。


坂戸に「餃子の満州」の工場があるんですよね

満州の餃子うまいよね~!

駅前の満州、ウチの学生が何人もバイトしてると思いますよ

学生のとき、満州でバイトしてるやつが安くしてやるから来いよって言うんで
行ってスゲー飲んで食ったら、何の割引もなく会計されたことあったよ

学生のバイト雇うって、店側もある程度そういうの計算に入れてますよね

そうですよね あるファミレスでは客数に比べて肉の発注がやたらに多くて、
調べたらバイトの学生が食ってたらしいですよ よくあるハナシですよね

おまえやってたんだろ

僕じゃないですよ!僕もファミレスでバイトしてましたけど、
楽しみといえばかわいい子の残したメシを食うことですかね

あー、わかるわかる

小学校のとき、好きな子のリコーダー舐めるのと一緒ですね

基本それと一緒だな


ちょっと待たんかい


だんしのしょーもない生態を小耳にはさみつつ、どんどん歩く。



あー、風が気持ちいいなー

気持ちいいっすね 本番も晴れるといいですね

ところで来年は90周年だから、50キロ歩くんですよね
両方のキャンパスで企画しないと無理ですよね

いいね!ドリームチームでやりたいね!


このダンシたち、(若干のヘンタイであるが)いつも何事にも一生懸命なんである。
ウォーキング大会なんかだりーとかかったりーとか
中止にしちゃえばいいのにとか言わないで、仕事を楽しんでいるのである。

異動になってから感じていることだが、ウチの法人の若手は、素朴で、
面倒なことでも率先して取り組んで、気持ち良く仕事をしている人が多い。
彼らが年齢を重ねても、ずっとこういう姿勢で仕事をしてくれれば、
わが法人は伸びていくと思う。

かかしとだんし



途中のスーパーマーケットでおひるを調達。
思い思いの弁当を購入して、さらに歩く。

Uさんがスーパーで買った「ガリガリ君・梨味」を差し入れしてくれた。
溶けかけていたので棒ですくっていただく。汗をかいた身体に、ガリガリ君がしみる。
すかさずSさんが「塩分補給タブレット」を配給してくれた。

気配り細やかな男衆である。


話題は差し入れから、めしをおごること、そして後輩との人間関係へ。
男子三人の年齢は真ん中、Uさんが後輩との付き合い方の難しさを語り出す。


後輩をガストに連れてってご馳走してやったってやつがいたんですけど、
後からその後輩に「もっといいところ連れてけよ」みたいな陰口叩かれたらしくて。
トラウマになっちゃいますよね、そんなこと聞いちゃうと。

学生時代、合宿に行ったとき、後輩にちょっといいカッコしたくて、
コンビニで、よし、ここはおごってやるから好きなもの買え!って言ったんですよ。

そしたら会計が1万7千円ですよ?!コンビニで1万7千円てどういうことだよって。
10人くらいしかいなかったんで、一人1700円ってことですよね。
これもいいっすかって「ジャンプ」かごに入れてるやつとかいて。
女子なんかプリンいくつ食うんだよって数買ってんですよ!
新幹線で帰れないかもってとこまでおかね使っちゃったんですよ。あぶなかったです。

いや、難しいです。先輩が後輩を大切にするってどういうことなんですかね…



他のだんし二人もうんうんと頷いている。
後輩には尊敬されなければならない、でも当今、先輩風吹かせるのは万全の注意が必要。
難しいよね。

二十代前半から半ばにかけて、わたしもそんなことで悩んでいたなぁ、と思う。
よく背伸びして、まさに身銭を切って、後輩にご馳走したりしたっけ。

食わせてやり、飲ませてやれば人はついてくる。
そんな人心掌握術も、操り方は難しいよなぁ。


初秋の空


男衆とおばさんはひたすら歩く。

歩きながら、だんし三人衆の中でいちばんおにいちゃんのTさんが、
小学校の時のやさしかった先生との心温まる思い出を話してくれた。


それを聞いた三人衆の末っ子、Sさんが口を開く。

僕も心温まるハナシ、していいっすか
僕に起こった「鶴の恩返し」なんですけど…


彼のはなしを極限に簡略化すると、S少年とその友だちが小学校に登校するとき、
なぜか鶴が彼らを見守るかのように、学校までずっとついてきた。




…。




……。




…終わり?




終わりです。



別に鶴助けたわけじゃねーんだよな

ハイ

単にたまたま同じ方向にずっと飛んできたってことじゃねーのかよ

いやあれは俺らを見守ってました

それに…



その鳥、鶴じゃねーだろ



いやあれは間違いなく鶴でした

おまえ実家どこだっけ

千葉です

ぜってー違う



先輩だんしふたりにメチャクチャに突っ込まれても、Sさんはメゲナイ。
しばらくして、明るい声を上げた。


ここが今回のコースのクライマックス、島田橋です!

島田橋1


木の素朴な風情がなかなかいい。
生活道路らしく、橋の上を軽トラが走り抜けていった。

島田橋2


時代劇の撮影にしばしば使われるらしい。

島田橋3


遠景。夏草に埋もれる感じが何とも言えずイイ。

島田橋4


島田橋を過ぎ、川沿いを歩く。
相変わらず、上司や職場の文句を言うこともなく、さわやかな男衆である。

突然、Sさんがうれしそうな声をあげた。


ほらイナガワさん、鶴ですよ鶴!あそこ!

鶴じゃねーよ


上の写真の中央あたりを拡大した画像。

シラサギ



…。




サギだろ




いや、だから…



さっきのハナシは詐欺だって言いたいのか


上のおにいちゃんに睨まれ、末っ子万事休す。


この後もあやしい四人組はきゃっきゃ言いながら歩き続け、
ヤマビルに襲われることもなく無事に完歩。

久しぶりに3万歩以上歩いた。
両足にマメができ、疲れたけど楽しい珍道中だった。


ちなみにオバチャンは到着後、大学の敷地内でよそ見をして歩いていたところ
段差で足を踏み外し派手に転倒。
ひどい捻挫をして画龍点睛の欠きっぷりの良さを見せつけた。

捻挫


10月の本番、好天に恵まれますように。
スポンサーサイト

| 仕事・ライフワーク | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。