くまの窓 ~柔道家・柔道整復師・大学教員のいなじのブログ

柔道家で、柔道整復師で、大学教員のいなじのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

社長表敬訪問

先日、大学院のご学友であるNさんとSさんと、社長室を訪問した。

わたしたちの指導教員だったオガワ先生は、現在、学長である。
えらいらしいのである。
大学のいちばんえらいひとだから、社長。

今日はクリスマスパーテー!ってことで、道中、ごちそうを調達。
甘党の社長のためにケーキを購入。

@コージーコーナー



社長は忙しい。

今回のアポ取りも秘書室を通じてようやくである。
今日は新採教員の面接と新聞の取材の合い間を縫って、わしらに会ってくれた。

普段は学長室にいる社長だが、会合はいつも社長の研究室。
ここは秘書さんや大学の他のえらい人の監視が及ばない、いわば社長の秘密基地である。




このアジトであるが…



社長室の棚



毎度、この有り様



わたくしたち、毎回、社長の研究室に行くとまず片付けからスタート。



先生、これは捨てていいですか?


先生、これも捨てていいですか?


先生、これは捨てていいですね。



先生、これも捨てていいですね!



…。


…。



…最後は無言である。



とりあえず片付けます



さて本日の社長、どうもお疲れの様子。
口数がいつもより明らかに少ない。


休みがないとさ~社長も疲れんだよ~

先生、ちゃんと食べてるんですか

最近週に2回くらいは食べるようにしてんだけどさ


そう、社長はカスミを食って生きている。

当初元気がなかった社長だが、そのうちエンジンがかかってきた。

社長は学長なだけあり、知の巨人である。
社長に会うとき、わたしたちは話を聞いてもらうというより、
ひたすら社長の話を聞くのである。それが楽しい。



先生、今日は何の取材なんですか


Y新聞がさ、アナタの選んだこの一冊?だか何だか?いう取材で来るんだよ


へ~! Y新聞なんてスゴイ!全国紙に載っちゃうわけですね


で、先生オススメの本は何なんですか?


それがさ、バカなことしたって後悔してるんだけどさぁ…


はい


ニーチェを選んじゃったわけ


ニーチェ、今まさに本が売れてるし旬じゃないですか さすが社長


そうなの?


そうなんです 『ニーチェの言葉』って本屋で平積みになってますよ


へー。
で、○×△□ (聞き取れず) を選んだわけ


われわれ向けの文芸書じゃない本格的なヤツですね


事前に言ったんだから当然、記者さんも読んでくるだろ


そりゃそうですね


そこではたと気づいたわけ。僕さぁ、



この本の内容、忘れちゃってるのよね




…そりゃ非常にマズイですね


マズイだろ?! で、家に帰って読もうとするじゃん





寝ちゃうんだよ




…。



ニーチェって、こっちで肯定したものをあっちで否定したり
こっちで否定したものをあっちで肯定したりするんだよ
そりゃ学生時代は原書を貪るように読みましたよ
でも改めて読み直すと…




腹が立つんだよな




さあ、(クリスマスパーティー中ですが) 授業スタート!
社長独演会の幕開けである。

ニーチェから話は発展。
ニーチェとワーグナーの関係について。

社長の専門は哲学、趣味は音楽。
まさに社長ワールドである。


授業スタート!

上はワーグナーが自分の音楽のためだけに建設したオペラハウス、
バイロイト祝祭劇場を説明しているところ。

社長は何年か越しで世界一のプラチナチケットを手に入れ、
バイロイト音楽祭に行ったことがあるんだそうな。

観客は長時間、堅い板張りの椅子に座らされる。それはすべて音響のため。
「神秘の奈落」からは、本当にオーケストラが見えない…。

テーマ:ニーチェとワーグナー

ニーチェが晩年、どれだけイっちゃってたとか、
ワーグナーがどれだけ人でなしだったとか、
ヒトラーがなんでワーグナーに心酔していたかとか、
「ニーベルングの指輪」のあらすじとか、アタマに入っちゃったわ…。


って、これが社長のスゴイところだ。
大して知識も興味もなかったシロウトに知識を注入し興味を喚起し、
「ちょっとワーグナー聴いてみちゃおうかな?」という気にさせる。

わたしも教員のはしくれ、社長のこの姿勢、パワーを見習いたい!と、いつも思う。
学長になった今も、週に4コマも授業を持ってるって、異例である。


教員が授業しなくたったら終わりだろ?
だから僕は社長になっても授業するわけ。
事務方からはやめてくれって言われるんだけどね~


いつか社長はそう言ったことがある。
わたしにとって社長の言葉は、ニーチェのそれに負けないアフォリズムである。



さて、2時間半のクリスマスパーティー兼社長独演会はあっという間に終わり。
ぐったりしたわたしたちを後目に、


なんだかちょっと元気になったな


と笑う社長。

きっと、Y新聞の記者もしゃべり倒されたのだろう。
1月4日の新聞が楽しみである。

オガワ先生、ありがとうございました!
また慰問?に来ますからね!

社長と面倒な三人組



そして社長と別れたわたしたちが向かったのは、前回に続いておされなカヘ


あ、わたしは写さなくていいからね~

と、さっそく『ニーチェの言葉』を購入したNさん。

写ってます!

ごめんなさいNさん 写しちゃった


わたしのチョイス@おされカヘ は


デトックスティー


デトックスティー



いったい何をデトックスしたいの


2010年のアカとかオリとかしがらみとかです


でもイナガワさん…


なんです?



ジョッキに見えるんだけど



ジョッキ?


おされなカヘでティーポットをジョッキのように扱ってはいけません



NさんSさん、今年もありがとうございました。
来年は社長と温泉、実現しましょう!
スポンサーサイト

| 大切なひとたち | 00:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バイロイト!?

すごいな社長。バイロイト行っちゃったんだ~。

わたしフルトヴェングラーって指揮者が大好きで
この人の「ベートーヴェン 交響曲第9番『合唱』
(バイロイト音楽祭 1951年)」はマストの1枚ですだ。
機会があったら聴かせる~。すげーよまぢで。

| オオトモカグミコ | 2010/12/28 01:06 | URL | ≫ EDIT

Re: バイロイト!?

そうなのよすげーのよ社長。

社長は社長でチケットゲットに挑戦し続けていたんだそうな。
そんな折、当たったのに急に行けなくなってしまった不幸な人がいて、社長に僥倖!
当時副社長だった社長は、万難を排して出かけたらしい。

ワーグナーのCD、今度ぜひ貸してくださいまし!

| いなじ | 2010/12/28 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumanomado.blog100.fc2.com/tb.php/205-f39b2330

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。